ECサイト販促ウィジェットの総合プラグイン zotabox

スポンサーリンク

zotaboxは、ECショップ・企業サイト向けの各種機能を色々盛り込んだ、マーケティングツールのjavascript設置タイプのプラグインです。

zotabox

以前、「いいね!でクーポン即発行 SmartPopupBox」という記事を執筆しましたが、それをご覧頂いたのか頂いてないのか、SmartPopupBoxの開発チームの方から「もっとすごいプラグイン作ったから良かったら見て!」とコンタクトフォームからお知らせを頂き、知った次第。

SmartPopupBoxは【いいね!】でクーポンを発行するだけでしたが、zotaboxではそれを含めた様々なウィジェット機能を使えます。

そんな訳で、早速試用してみました。

もくじ

  1. zotaboxの概要
  2. 登録とコードの設置
  3. 無料ツール:Free tools
  4. プレミアムツール:Premium tools
  5. 一般設定:General settings
  6. まとめ

1. zotaboxの概要

2015年5月の執筆時点では、zotaboxはまだベータ版での提供です。これから機能が追加されるようですので、試用出来るようになったら、その都度記事に追加したいと思います。

※執筆時点のベータ版では、ちょいちょい不具合があります。そのうち直されるかな?と、あまり深く考えずに使いましょう(もちろんフィードバックを送ってあげるのも良し)。

無料ツールとプレミアムツールに分かれる

ベータ版では、全ての機能が制限なしに使えるようになっています。サービスの本格開始時には、プレミアムツールは「無料で使えるのは月500ページビューまで」という制限がつくようです。

無料ツール
  • Promo Bar:キャンペーン表示のバーをサイトに表示
  • Social Buttons:TwitterやFacebookのアカウントボタンをタブ形式で表示
  • Stickers:付箋のように、お客様の注意を引くテキストやリンクを掲載
  • Testimonial:「お客様の声」を画面下などに固定表示
  • Navigational Icons:※開発中
プレミアムツール
  • Email Capture Bar:メーリングリストへの登録を促すバーを表示
  • Social Coupon Popup Box:いいね!やツイートで、即クーポン発行
  • Simple Pop Up:※開発中
  • Email Capture Popup:※開発中

Zotaboxのトップページで確認すると、無料・プレミアムのツールはこんな感じです。

zotaboxの無料機能とプレミアム機能

いいね!でクーポン即発行のSmartPopupBox」では完全に無料だった【いいね!&クーポン機能】は、プレミアムツールになっていますので、引き続き無料で使いたい場合はSmartPopupBoxを使いましょう。

2. 登録とコードの設置

登録はSmartPopupBoxと同様に簡単です。名前・メールアドレス・パスワードを入れるだけ。

zotaboxの登録方法

(執筆時点では)メール認証もなく、すぐにダッシュボードに移動です。

「Save your embed code now to start using your widgets immediately」をクリックして、クリック先ページに表示される埋め込みコードをコピー。

zotaboxの埋め込みコード

※または、「General settings」から「Embed code」を見ても確認可能。

埋め込みコードは、WordPressのテーマのwp_footerの直下あたりにペーストでいいでしょう。

もちろん、わかる方ならスクリプトは別の.jsファイルに保存して、wp_enqueue_scriptで呼び出すのがベター(ここではその方法は割愛)。

これで準備は完了です。

3. 無料ツール:Free tools

無料ツールは、以下の赤文字で表示された部分の機能です(追加予定ありらしい)。

zotaboxの無料機能とプレミアム機能

ダッシュボードでは、それぞれの機能を一つずつ設定することになります。

Promo Bar

プロモバーは、「今ならポイント10倍キャンペーン中!詳しくはこちら」というような、訴求力のあるセールスコピーを必ず訪問者に見せたい場合に便利な機能です。

zotaboxのプロモバー

設定は簡単で、文章・リンク先・表示場所などを自由に決められるようになっています。

Social Buttons

ソーシャルボタンは、FacebookやTwitterのページの表示を、タブのようにして設置して、クリックされるとFacebookのBOXやツイートのウィンドウを見せたりする機能となっています。

plugin-zotabox05

ソーシャルアカウントの設定

これらのカスタマイズを始める前に、予め自サイトのソーシャルメディアのアカウントを、4.一般設定(General Settings)で設定する必要がありますが、ここの画面からでも、設定ページに飛べます。

zotaboxの一般設定でアカウント未設定のソーシャルボタンを選ぶと、「Your xxx is not configured. Please set up your social accounts here.」(あなたのxxxアカウントが設定されていません。こちらからソーシャルアカウントを設定して下さい)という文言が表示されます。

zotaboxのソーシャルアカウント設定

そこからリンク先に飛んで、アカウントを設定すればOKです。

ソーシャルボタンの全体設定

表示場所や、ボタンの形状を選択出来ます。

zotaboxのソーシャルボタン設定

ソーシャルボタンの個別設定

General Settings(一般設定)から編集可能。

それぞれのソーシャルボタンからシェアされた時の文言や、シェアされた場合のURLの指定などが出来ます(以下はツイッターアカウントの例)。

zotaboxのソーシャルボタンの設定

Stickers

ステッカーは、スクロールまたは固定表示で、簡易的な背景+テキストを表示出来る機能です。それこそ付箋のような使い方になると思います。

zotabox stickersの設定

夏休みや年末年始のお休みのお知らせなどにも、使えるでしょうか。

Testimonial

海外のECや、有料サービスのサイトなどで、たまに見かける「ユーザーの声」的なウィジェット表示です。日本のECではまだあまり見ないかもですが、楽天のレビューみたいなものを常時表示させることが出来ます。

zotabox testimonial

コメントは、「Testminial List」から、一つずつ作る必要があります。

plugin-zotabox09

テストしたところ、リンクは「会社名・ウェブサイト・ロケーション」のテキストにつけられるようです。その部分のテキストを商品名などにして、商品リンクにしておくのもアリでしょう。

例えば↓こんな風にして入力しておきます。

zotabox testimonial EC用

表示されるのがこんな感じ(ちょっとテンプレも変えてみた)。

zotabox testimonial EC用

画面下にこんなのが表示されると、ついクリックしたくなっちゃいません・・・かね?

4. プレミアムツール:Premium tools

Email Capture Bar

名づけて「メールアドレス捕獲バー」。ページの上部または下部に、メールアドレスの登録を促すバーを表示します。

zotabox email capture barの設定

名前の欄を非表示に出来れば尚良しでしょうか(現状では、「必須でない」には出来るが、表示はされてしまう)。

ここから登録されたアドレスは、zotaboxダッシュボードの右メニュー内「Email Sign Ups」で確認可能。

zotabox email リストの場所

開くと↓

zotabox emailリスト

現在はこれだけの機能ですが、MailChimp(ニュースレター配信サービス)との連携などの要望が挙がっているようです。

Social Coupon Popup Box

基本的にはSmartPopupBoxと同じですが、SmartPopupBoxの時にはクーポン画面が1種類しかなかったのが、数種類のデザインから選べるようになっています。

1. Template/Color(テンプレートとカラー)

最初に左からテンプレートを選択し、カラーを決定します。

zotaboxのpopup coupon1

2. Customize Popup(ポップアップ表示のカスタマイズ)

ここで、テキストを編集することが出来ます。日本語も入力OKです。

zotaboxのpopup coupon2

クーポンコードは、[Select coupon]>[Add new coupon]で追加・編集が出来ます。

3. Customize Tab(タブのカスタマイズ)

タブの位置や表示テキストを編集出来ます。

zotaboxのpopup coupon3

日本語入力はOKなのですが、どうも日本語(音が伸びているのを表す文字)の縦書き表示は苦手なようです。

zotaboxのpopup coupon tab

プレミアム機能のため、この辺は要望によりご対応頂けるようになるのかもしれません。ちなみに、タブの位置によっては横書きになります。

4. Display Options(表示オプション)

通常はタブをクリックされた時に表示されるポップアップを、最初から自動表示させるかどうかを選択出来ます。デフォルトでは「自動表示しない」です。

zotaboxのpopup coupon4

もう一度書きますが、「いいね!でクーポン表示」の機能は、zotaboxでは「プレミアム」(今はベータ版で制限なく使えるけど、多分有料化される)です。

無料でこの機能を使いたい場合は、引き続きSmartPopupBoxを使いましょう(とは言え、こちらもいつまでサービス継続されるかわかりませんが)。

5. 一般設定:General settings

クーポンコードの管理・SNSのアカウントの設定などはこちらです。

My Coupons

クーポンコードの作成・管理が出来ます。

zotaboxクーポンコード作成

Social Accounts

ソーシャルアカウントの設定です。自社のSNSページを登録するだけなの簡単。

zotaboxのソーシャルボタンの設定

Blocked URLs

ウィジェットを表示させたくないページのURLを掲載することにより、非表示のページを指定出来ます。

ただ、HTMLサイトなら表示したくないページにはスクリプトを入れなければいいだけですし、WordPressならページによってスクリプトの読み込みを振り分けすればいいだけのような気もします。

Embed Code

埋め込みコードの確認が出来ます。

zotabox コードの確認

6. まとめ

自分のECに合わせて使いこなすには、そもそもの設定項目の多さも然る事ながら、(デフォルトが英語なだけに)編集すべき内容も多いプラグインではあります。

シンプルに「いいね!でクーポン」を使いたいだけならば、これまでのSmartPopupBoxをそのまま継続して使うのがいいでしょう(無料なので「いつ終わるかわからない」というデメリットもありますが)。

日本のECではあまり見かけない機能ではありますが、Promo Barなどは、海外のECなどを参考にして導入してみてもいいですね。

コメントは受け付けていません。

Copyright© 2017 Welcart カスタマイズ ブログ All Rights Reserved.