圧縮を有効にして、表示速度アップ

スポンサーリンク

GoogleのPageSpeed Insightsでサイトの読み込み速度を最初に改善しようとしていた時、なかなか悩ましかったのが「圧縮を有効にする」という項目でした。

※PageSpeed Insightsについてはこちら

「圧縮を有効にする」とは、Googleによれば(こちら・英語)、ウェブサイトのデータをサーバー側で圧縮してから閲覧者側に送ると、表示速度が短縮されるものとのこと。

今回も「ブラウザのキャッシュを活用して、表示速度アップ」の改善策と同様、.htaccessに文言を足すだけで完了。ですが、サーバーのスペックにより、対処方法がいくつかある模様です。

以下では、私のWelcartのECサイトで試した方法と同様のやり方です。

圧縮を有効にする方法

私が参考にしたのはこちら。ページの表示速度を改善する方法

以下のコードをドメイン直下の.htaccessに追加するだけです。

<IfModule mod_deflate.c>
AddOutputFilterByType DEFLATE text/text text/html text/plain text/xml text/css application/x-javascript application/javascript
</IfModule>

この方法では、サーバーが「mod_deflate」に対応している必要があります。

私の利用しているサーバーは幸いにも「mod_deflate」に対応しておりましたが、対応していない場合は、上記サイトを参考に別の方法で圧縮を試みて下さい。

圧縮を有効化した後の、PageSpeed Insightsの数値の変化

当サイトの、圧縮有効化前・設定後のPageSpeed Insightsのスコアです。

圧縮の有効化前:モバイル 66・パソコン 78

Page Speed 圧縮を有効化する前

圧縮の有効化後:モバイル 75・パソコン 87

Page Speed 圧縮を有効化した後

.htaccessにちょっと文言を加えるだけで、数値は劇的に向上しました!グリーンの色が出ると嬉しいです(笑)。

ページの表示速度は、検索順位に影響しますので、サーバーのスペックを確認しながら是非WelcartのECサイトにも取り入れてみて下さい。

One Response to “圧縮を有効にして、表示速度アップ”

Copyright© 2017 Welcart カスタマイズ ブログ All Rights Reserved.