何度も自分で購入しなくても、サンキューページをじっくりカスタマイズする方法

スポンサーリンク

サンキューページ(お買い物完了ページ)をじっくりカスタマイズしたい時、何度も自分で購入を進めてサンキューページを出して確認・・・していませんか。私はしていました。

Welcartの購入完了ページ

この方法はいちいちページを確認するのが面倒な上に、再読み込みをすると、カートに商品を入れるところからやり直しになってしまい、非効率的です。

開発環境でサンキューページをじっくりカスタマイズしたい場合は、「Welcartテンプレートの退避」を利用しましょう。

この方法なら、いくらでも再読み込みが出来るので楽です。

サンキューページをじっくりカスタマイズする方法の概要

  1. 「カートの中」ページを見ようとしたときに、「完了ページ」が代わりに出てくるようにwc_completion_page.phpの名前をwc_cart_page.phpに変える
  2. 思う存分サンキューページをカスタマイズ
  3. 「完了ページ」のカスタマイズが完了したら、wc_completion_page.phpに名前を戻す。

どうしても稼働中のショップで行わなければならない場合は、ショップの設定を「メンテナンス中」等にする必要があります。基本的このカスタマイズは稼働中のショップではなく、ローカル環境で行いましょう。

1. 「カートの中」ページを見ようとしたときに、「完了ページ」が代わりに出てくるようにwc_completion_page.phpの名前をwc_cart_page.phpに変える

Welcartは、使用中のテーマ内にWelcart用テンプレートがあると、そちらを優先的に読み込んでくれる仕様になっています。

それを利用して、使用中テーマ内にwc_completion_page.phpを設置して、更にそのファイル名をカートページ(wc_cart_page.php)にすれば、カートページを出したときに「完了ページの内容」が表示されるという理論です。

1-1. 使用中テーマ内にwc_completion_page.phpを設置

カスタマイズしたい完了ページは、それを出力しているテンプレートを使用中テーマ内に退避(設置)させます。

wc_completion_page.phpは、Welcartプラグインフォルダ内の以下の位置にあります。

usc-e-shop/theme/welcart_default/wc_templates/cart/wc_completion_page.php

これを、使用中テーマ内の以下の位置に設置します。

  • 使用中のテーマ
    • wc_templates
      • cart
        • wc_completion_page.php ←ココ

1-2. wc_completion_page.phpのファイル名をwc_cart_page.phpに変更

カートページを表示させようとした時に、代わって完了ページの中身が表示されるように、1-1で設置したwc_completion_page.phpの名前をwc_cart_page.phpに変更させてしまいます!

もし、既に正規のwc_cart_page.phpがある場合は、上書きしてしまわないように、どこかに避難させるか、一時的にファイル名を変更しておきましょう。

これで、カートページを呼び出そうとする際には、使用中のテーマ内に設置させた完了ページを代わりに読み込んでくれるようになります。

2. 思う存分サンキューページをカスタマイズ

「カート設定」の項目から、好きな文言を入れてみたり、テンプレートをカスタマイズしてみたり・・・

好きなだけ[再読み込み」しちゃって下さい。

3. 「完了ページ」のカスタマイズが完了したら、wc_completion_page.phpに名前を戻す。

カスタマイズは完了しましたか?

このまま公開しては、お客様がカートページをご覧になった時にサンキューページが表示されてしまいますので、カスタマイズが完了したら、1でwc_cart_page.phpにファイル名を変更したwc_completion_page.phpは、元のファイル名に戻しておきましょう。

ちょっとしたことですが、サンキューページのカスタマイズが効率的に作業できるようになりますので、活用してみて下さい。

コメントは受け付けていません。

Copyright© 2017 Welcart カスタマイズ ブログ All Rights Reserved.