あのTinyPNGがプラグインに!Compress JPEG & PNG images

スポンサーリンク

TinyPNG(無料の画像圧縮のサービス)を使っている方は既にご存知かと思いますが、今年初め頃に、そのTinyPNGがWordPressのプラグインをリリースしました。

Compress JPEG & PNG images

プラグイン名は「Compress JPEG & PNG images」で、月500枚までは無料、それ以上は有料で、自動で画像を最適化(サイズ圧縮)してくれます。

いちいちTinyPNGのサイトに行って、画像をアップロードして圧縮して、それを更にダウンロードして・・・の手間が一気に省ける、超画期的なプラグインです。

※既にアップロードされている画像には適用出来ません。(2015/10/20更新)すみません、色々見てたら出来ました。[ツール]>[Compress All Images]で、アップロードされている画像を圧縮出来ます。

もくじ

  1. Compress JPEG & PNG imagesの特徴
  2. Compress JPEG & PNG imagesの設定
  3. 無料で出来る範囲
  4. どのくらい圧縮されるのか?
  5. まとめ

1. Compress JPEG & PNG imagesの特徴

今まではTinyPNGのサイトまで行き、画像をドロップ&ダウンロードをしてから、自分のサイトにアップロードをする必要があったので、そこそこに手間でした。

TinyPNG

更にWordPressは、画像のアップロード時に、自動で画像のサイズを変えて生成する機能を持っていますが、せっかくサイズを小さくして最適化させた画像をアップロードしても、WordPressが変換したサイズ別の画像は最適化されていません。

※自動生成される画像のサイズは「メディア設定」から確認・変更出来ます。

plugin-tinypng09

これらのWordPressが生成した別サイズの画像を掲載していると、GoogleのPageSpeed Insightsなどでも「縮小しましょう」な注意が出てしまいます。

このプラグインは、それらを解決してくれる素晴らしいものです。

  1. アップロード前にいちいち1枚ずつ最適化させる必要がない
  2. WordPressが自動で作るサイズ別の画像も最適化してくれる

無料で使える分の枚数制限はありますが、ブログ程度のサイトであれば、無料の範囲内で使えるのではないでしょうか。

2. Compress JPEG & PNG imagesの設定

まずは[プラグイン]>[新規追加]で、「Compress JPEG & PNG」などと入力してプラグインの検索をし、プラグインをインストールします。

プラグインを有効化すると、「Please fill in an API key to compress images」(画像圧縮するにはAPI keyを入力して下さい)というリンクが出ます。

Compress JPEG & PNG images インストール後

クリックすると、メディア設定のページに飛びます。

Compress JPEG & PNG images 設定

一番上の空欄の下の「Visit TinyPNG Developer section to get an API key」(TinyPNGの開発セクションに行き、APIを取得する)クリックすると、TinyPNGのページに飛びます。

Compress JPEG & PNG images API取得

名前とメールアドレスを入れて「Get your API key」をクリック。

メールでAPI keyが確認出来るリンクが送られてくるので、クリックしてTinyPingのサイトで確認します。

Compress JPEG & PNG images API 取得

確認出来たAPI keyをコピーして、WordPressの画面に戻って「Please fill in an API key to compress images」(画像圧縮するにはAPI keyを入力して下さい)に入力。これでOKです。

3. 無料で出来る範囲

無料なのは月500枚までです。これには、WordPressが自動生成するサイズの異なる画像も含まれますが、どのサイズの画像を圧縮させるかは、WordPressの「メディア」で設定が可能。

500枚以上の画像でプラグインの機能を続けて使いたい場合は、API keyが確認出来るページでクレジットカード番号を登録しておけば、+9,500枚までは1枚あたり0.9セントで最適化利用の続行が可能です。

Compress JPEG & PNG images 価格

なるべく無料範囲内に抑えるには、WordPressが自動生成するサイズの最適化をやめるか、メディア設定で設定した画像サイズと一致する大きさで、アップロード前に画像を用意しておくなどの工夫が必要となります。

4. どのくらい圧縮されるのか?

実際に使ってみました。

当記事の一番上のプラグインページのカバー画像のキャプチャ(引用元:WordPress.org)。

Compress JPEG & PNG images

キャプチャから画像をトリミングした状態では、サイズは182KBでした(画像の大きさは元画像より小さくしています)。

Compress JPEG & PNG images 使ってみた

これを、このプラグインを入れた状態でWordPressにアップロード。すると、サイズが55KBに圧縮されました!※圧縮率は画像によって変わりますので、必ずしも同じ割合でサイズが小さくなるわけではありません。

Compress JPEG & PNG images アップロード後

アップロード時に圧縮するのにTinyPNGのサーバーに送るためか、通常の画像アップロードよりも少し時間がかかります。

5. まとめ

プラグインを使って圧縮出来る画像の大きさは5種類。毎回その5種類の大きさの画像を圧縮させるとすると、1か月あたり100画像(100 x 5 = 500)までが無料の範囲内となります。

例えば毎日ブログを更新している方の場合、1日3画像程度であれば、無料の範囲で使えます。用意する画像を予めWordPressのメディア設定の画像の設定の何れかと同じにしておけば、生成画像の大きさは1つ減るので、1日当たり4画像程度が無料の範囲となります。

クレジットカード番号を登録しても、月500枚を超えなければチャージも発生しません。画像の多いECであれば、クレジットカード番号を登録しておいてもいいですよね。画像が軽くなれば表示速度も速くなり、結果的にSEO対策にもなります。

今までちまちまと手作業で画像サイズ縮小をしていた方は、要チェックのプラグインではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

Copyright© 2017 Welcart カスタマイズ ブログ All Rights Reserved.